テーマ:

福島の山・二つの妙見山(1)

福島の須賀川市の西の方に左程距離を隔てないで二つの妙見山が有ります。 北の方に位置する方がやや標高が高いのでした。 登山口の見当がつかないために、ナビで最も近い道路を出して行って見ました。 天栄村の道の駅から早目の出発です。 以前、権太倉山に行く時にもお世話になりました。 林道の入り口で登山口の表示を見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞ヶ城の桜

福島の二本松・霞ヶ城の桜が見事でした。 母の命日で墓参に行き、弟の家を訪ねると真ん前の山に満開の桜でした。 もう60年ほど昔、秋の遠足でこの城跡の菊人形を見に来たのが初めてでした。 戊辰の役で落城、会津の白虎隊と並び称される少年隊を知りました。 二本松と言えばかの智恵子抄の智恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩の山・本仁田山(花折戸尾根)

病に挫けそうな気力を叱咤して・・・・ 今日は体力確認のために。 鳩ノ巣駅の跨線橋を潜り、町営パーキングに車を停めて出発です。 青梅街道のトンネル手前を横断。 神の御威光か、露出オーバーの映像に・・・ 実はこの花折戸尾根の取り付きが良くわかりません??? この小さな社の階段を上がった辺りから獣道が見えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・高柴山~黒石山~鞍掛山(1)

8ヵ月ぶりの福島の山です。 コロナや入院手術等で出掛けられなかった期間でしたが、 未だにコロナは去っては居ませんが・・・。 高柴山は以前登山口で、山菜の為の入山規制にビビり引き返して以来。 今日の登山口はその時とは異なる場所となりました。 いずれにしても、阿武隈の山々は山頂近くまで車が入れてしまって 歩くのは僅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九月の武甲山

先日よりは多少早い出発とはなりましたが、まあ、本腰入れて行った頃とは比較になりません。 体重がガクンと落ちて、体力に自信がないのですねえ・・・・ 今年の早春に訪れて以来ですが、昨年の台風19号でズタズタになった登山口までの林道が 補修工事中で、車は手前で路駐を余儀なくされました。 昼近い時間故に、他の車が列を作って駐車し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武川岳・道々の花

崩落している橋の近くの山の崖面に、ミツバツツジが咲いていました。 陽当たりがいいのか、他に比べて早い開花の様です。 武川岳は、カタクリの群生が知られていますが、まだ少し早いようです。 カタクリは鹿の食害にはあわないのでしょうか? 馬酔木は勿論、鹿は食べませんね。 スミレも咲いています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・武川岳を歩く

この時期の山行きは、不要不急の要請に反するのかなあ・・・などと思案しない訳ではない。 車で登山口まで行き、歩き出せば人と接することもほぼない、などと言い訳して・・・ 昨秋の台風19号以降に出掛ける山は、登山路が荒廃していることを念頭に置いて行かないと、 通行止めや土石流に塞がれた光景に途方にくれてしまう。 という訳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩の前飛竜山とんぼ返り

丹波村の道の駅にて車中泊でしたが、空いていました。 夜半、雨だったため、あくる日が晴れるかどうか心配でしたが・・・ 早朝の道の駅はガスっていましたが雨は止んでいました。 止んでいなかったら、雨を言い訳にして中止だったのですが・・・。 (┐(´д`)┌ヤレヤレ) どうにも気力が衰えているようです。 車を置いて、道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風の爪痕

故郷の福島が台風19号による大きな被害を受けました。 中でも、阿武隈川流域の被害が突出して多いようです。 支流の一つの広瀬川が幼少の頃に慣れ親しんだ河川ですが、 そこも大きく氾濫しました。 マスコミには登場しませんが、河川改修した堤防が、ズタズタになっていました。 不幸中の幸いというか、人家には及ばなかったようですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・初秋の和尚山

9月15日、浪江のボランテイアの合間を縫って和尚山に行って来ました。 和尚山は、安達太良連峰の南端にある標高1600m余の山、 安達太良に隠れた地味な山です。 そんな訳で安達太良山には何度か来ていますが、此処は初めて。 前回、牧場の鉄扉に追い返されたので、今回はその上の方から 母成グリーンラインから入ろうと企んでいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い付きで妙高山

しなの道の駅から、目の前に良く見えていた妙高山。 もう45年くらい前に友人に誘われて池ノ平スキー場に来た記憶が 朧げにあるのですが、ちょうど傍にいた登山者に、思わず、 山の名前を尋ねてしまいました。 前日に2座登り、今日は止めておこうと思っていたにもかかわらず、 妙高山に登ってみようという思いつきです。 調べていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸隠山~高妻山・道々の花

いわゆる高山植物らしい花を見ることも無い山でしたが、 リンドウは豊富に行く先々で咲いていました。 ウメバチソウも沢山見ることが出来ました。 コバノコゴメクサも豊富。 アキノキリンソウ ニガナ 岩場に張り付いたら、目の前に咲いていました。 ダイモンジソウ リンドウ 太陽が出ていると先端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸隠山日帰り

以前から気になっていた山ですが、上級者向きという事で行っていない山。 仕事が無い今、ヒマに任せて出掛けました。 例によって下道を走り、黒姫町(?)のしなの道の駅に夕方到着。 他にも数組の登山者が車中泊をしています。 しかし、ガラガラに空いていました。 翌早朝、戸隠神社の奥社入り口にある駐車場はいずれも有料で閉まってます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

針ノ木岳・道々の花

針ノ木雪渓は全く上を歩くことはないほど溶けてしまっていて、 花も終わっていた物も多かったようです。 歩き始めて間もなくの花。 スダヤクシュ 谷に出て直ぐに、終わりかけたヨツバヒヨドリ。 ギボウシ クルマバナの一種?? 花が横向きのタテヤマアザミ モミジカラマツ オヤマリンドウ トリカブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北ア・針ノ木岳周回(2)

針ノ木小屋は水を1L200円で売っていました。 水源は沢からの汲み上げ? 蓮華岳から戻って、買っておいた生ぬるいビールを飲み終えた頃に 直ぐ傍にテントを張ったH氏とA氏の二人パーティが帰還し、 3人での宴会となりました。 寒いくらいのテン場、翌日の同行を約してお開き、就寝です。 翌朝、ガスっている中、雨も少々パラつい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北ア・針ノ木岳周回(1)

8月23日に出発しましたが、下道で行くと24日AM7:00過ぎというナビの御託義。 仕方なく関越高速に乗らざるを得ませんでした。 扇沢の無料駐車場に着いたのはAM3時を回っていましたが、おもむろに一人宴会し、 仮眠に入ったものです。 5時前に起きて支度をし、満車寸前の駐車場を後に。 針ノ木岳登山道は、何度か舗装道路に出て突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・矢大臣山

和尚山は残念ながら牧場の開門がAM9:30 、何時間も待てる訳もなく、 早朝のアタックは夢と消えました。 予定変更で、低山の矢大臣山(田村市小野町)へ。 登山口が分かり難く、狭隘道路を走りやっと着いたのですが・・。 どうやらここは山頂の中継アンテナのメンテ用の作業道。 山頂まで完全舗装・・・/(^o^)\ナンテコッタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・磐梯山

8月15日、敗戦記念日でしたが、墓参とボランテイアを兼ねて、磐梯山に登って来ました。 この山は猪苗代湖側からは裾野が長くて歩く気がしませんが、裏磐梯からなら短時間の歩きです。 そのために、スニーカーにTシャツ、スラックスなんぞで何も持たない軽装の輩がウヨウヨ。 お手軽、お気軽、ってことなんでしょうねえ・・・ 猫魔ヶ岳にも行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三富道の駅から甲武信岳へ

8月3日、秩父を経由して、途中で蕎麦を食べてゆっくりと雁坂トンネルから 道の駅へ。 日曜という事で混んでいました。 鶏冠山が見えます。 早目の一人宴会を終えて、車中泊。 標高が1000mを越えるため、夜半には寒いくらいになるほど。 翌朝、4時に起きて支度して出発です。 今日の予定は「徳ちゃん新道」から行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜山・道々の花

東北最南部の町にある里山と言ってもいい檜山に咲いていた、 梅雨時の花の姿です。 ヒヨドリバナに似ていますが、花の形が今一?? 実をつけたマムシグサ ヤマユリの蕾 オカトラノオ クマイチゴ トリアシショウマ ウグイスカグラ ナツツバキ(ヒメシャラ) ナツツバキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・矢祭山

矢祭山は、矢祭町と同じ名前ですが、登山路がはっきりしません?? R118の拡張された駐車場に車を置いて、徒歩で公園内へ。 道路の反対側にある観光客目当ての店舗は閉じられて荒れています。 ツツジの季節は過ぎたとはいえ、寂れてうらぶれた印象は拭えません。 ツツジをツタ類が覆いかぶさり、花の時期以外はこんなものか。。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・矢祭町の檜山

7月12日、バイトが終わってから晩飯作って風呂入って、 R4経由で大子町の奥久慈道の駅にて車中泊。 深夜の那須烏山当たりの走行は一種不気味な雰囲気。 明くる朝はゆっくりと矢祭町の友情の森へ。 広い駐車場に車を置いて、案内図で取り付きの確認です。 キャンプ場の中を通り、ゆったり登れるというコースへ。 久慈川沿いの道でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発被災地のボランティア

楢葉のみちのえきが再開されていて、利用しました。 温泉も有り、食事も出来て、かなり快適でした。 温泉利用料が700円と、浪江の「いこいの村」の500円に比べて 200円高い(?)のは聊か年金暮らしには、痛い。 4月25日から再開されたようです。 それまでは警察署が使っていて、道の駅の機能は停止でしたが。 今回のボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿狼山・道々の花

山を越えれば、そこは既にもう宮城県、そんな位置にある低山です。 雨に打たれて咲いていた竜のひげ。 ホタルブクロを幾つも見ることが出来ました。 ミツバツツジが残っていました。 花ではないけれど、野イチゴ。 ヤマボウシと栗の花 アザミ ヤマユリの蕾 ヒヨドリバナ モミジガサ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・野手上山(飯舘村)

飯舘村の道の駅「までい館」で蕎麦を食えるかと思いきや、 うどんとラーメンしか麺類はありませんでした。 阿武隈山系に、蕎麦の文化はなかったかなあ・・・?? ちなみに「までい」とは、丁寧にとか、大切にするというような この地方一帯の方言だったと記憶します。 全村避難で全国的に有名になった言葉でしょうか。 道の駅で、野手上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・虎捕山・・続き

変更されたブログが何故か重くて・・・残りを分けて記載します。 虎捕山の山頂はこの岩場を過ぎて、更に少し歩いた 雑木林の茂った見晴らしの無いところでした。 三等三角点も有りますが、それだけのところです。 点在する農家が俯瞰できます。 帰還されて生活してると思われます。 麓に下りて少し走ると、牧場が道路沿いにあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・虎捕山

とらとりやま、と読むこの山は、福島第一原発事故の被害により 全村避難を強いられた飯舘村の東北の外れに在ります。 山津見神社という大きな神社の裏手が登山口の信仰の山です。 広い駐車場に私の車だけがポツンと、なんだか寂しい風景。 さっき駐車場の前の道路をサルが歩いていましたが、 昔はいなかったサルがやたら増えて我が物顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父へ蕎麦喰いに

パートの仕事が突然お休みになり、 朝の洗濯を終えてから出掛けました。 準備不足で山は出掛けられずに、何とは無く秩父へ。 R299を走るのが好きなのです。 ずうっと追い越し禁止のこの道。 目的をこしらえないと出掛けられないタチ、 元、荒川村の蕎麦店が目的地。 直ぐ傍に「アルフィー」の桜井クンの実家が・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釈迦ヶ岳・黒岳、道々の花

釈迦ヶ岳の登山道入り口当たりに沢山咲いていました。 クサタチバナ これはフタリシズカ?でかい・・ ヤマツツジがまだ咲いていました。 で、これは何だろう? ヤマオダマキか、ホタルブクロじゃないと思うけれど。 閉じているからなあ・・・やはりヤマオダマキでしょうね。 尾根、しかも山頂近くにありながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦川町の黒岳へ

日向坂峠から黒岳へ向かいます。 歩き易い落葉樹の林の中を歩きます。 ミズナラの林です。ドングリのなる木、熊さんの 餌として重要かな? 標高が上がると、ブナ林になって行きます。 これも熊さんの餌になる実ができますねえ。 黒岳山頂は1700mを越えていました。 見晴らしは良くありません。 200m先に展望台の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more