福島の山・磐梯山

8月15日、敗戦記念日でしたが、墓参とボランテイアを兼ねて、磐梯山に登って来ました。 この山は猪苗代湖側からは裾野が長くて歩く気がしませんが、裏磐梯からなら短時間の歩きです。 そのために、スニーカーにTシャツ、スラックスなんぞで何も持たない軽装の輩がウヨウヨ。 お手軽、お気軽、ってことなんでしょうねえ・・・ 猫魔ヶ岳にも行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲武信岳道々の花

この山には華やかに広がるようなお花畑は無かったようです。 ただ、もう終わってしまったと思っていたシャクナゲが未だ咲いていました。 最初に視界をとらえたのは遊歩道に咲いたリョウブでした。 登山道にはホタルブクロが。 そいてオトギリソウ。 標高が2200mを越えてからでしょうか。 アズマシャクナゲの咲いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三富道の駅から甲武信岳へ

8月3日、秩父を経由して、途中で蕎麦を食べてゆっくりと雁坂トンネルから 道の駅へ。 日曜という事で混んでいました。 鶏冠山が見えます。 早目の一人宴会を終えて、車中泊。 標高が1000mを越えるため、夜半には寒いくらいになるほど。 翌朝、4時に起きて支度して出発です。 今日の予定は「徳ちゃん新道」から行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢祭山公園のヤマユリ

矢祭山の前に登った檜山では蕾だったヤマユリが、此処では咲いていた。 香りが強くて派手なたたずまいの花という感じがしますが。 子供の頃には、山で球根を掘って食した記憶が有ります。 実家の庭にはヤマユリは無くて、鬼百合だけでした・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜山・道々の花

東北最南部の町にある里山と言ってもいい檜山に咲いていた、 梅雨時の花の姿です。 ヒヨドリバナに似ていますが、花の形が今一?? 実をつけたマムシグサ ヤマユリの蕾 オカトラノオ クマイチゴ トリアシショウマ ウグイスカグラ ナツツバキ(ヒメシャラ) ナツツバキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・矢祭山

矢祭山は、矢祭町と同じ名前ですが、登山路がはっきりしません?? R118の拡張された駐車場に車を置いて、徒歩で公園内へ。 道路の反対側にある観光客目当ての店舗は閉じられて荒れています。 ツツジの季節は過ぎたとはいえ、寂れてうらぶれた印象は拭えません。 ツツジをツタ類が覆いかぶさり、花の時期以外はこんなものか。。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・矢祭町の檜山

7月12日、バイトが終わってから晩飯作って風呂入って、 R4経由で大子町の奥久慈道の駅にて車中泊。 深夜の那須烏山当たりの走行は一種不気味な雰囲気。 明くる朝はゆっくりと矢祭町の友情の森へ。 広い駐車場に車を置いて、案内図で取り付きの確認です。 キャンプ場の中を通り、ゆったり登れるというコースへ。 久慈川沿いの道でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発被災地のボランティア

楢葉のみちのえきが再開されていて、利用しました。 温泉も有り、食事も出来て、かなり快適でした。 温泉利用料が700円と、浪江の「いこいの村」の500円に比べて 200円高い(?)のは聊か年金暮らしには、痛い。 4月25日から再開されたようです。 それまでは警察署が使っていて、道の駅の機能は停止でしたが。 今回のボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野手上山・道々の花

同じ飯舘村の中の山でも、それぞれの山に咲く花には 個性があり異なる花を見ることが出来るのですから、 何となく頷いてしまいます。 イチヤクソウ。漢字だと一薬草、生薬の原料とか。 興味深いことに、登山道に生えているのを見ただけでした。 ウグイスカグラかと思うのですが、背が小さすぎます。 どの山にもあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎捕山・道々の花

比較的に花の少ない山、もう少し前なら ドウダンツツジが沢山咲いていたようです。 取り敢えず、最初に目に付いたのは ホタルブクロでしたが。 もう、ほゞ散ってしまったドウダンツツジ、残骸です。 この花は何の木か?調べています。 最後に駐車場の端っこにカキツバタ。 東北の低山、山によって花の多寡はやはりあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰還可能って?被災地浪江

相馬焼という陶器がありました。 亡父が愛用していた湯飲みがそれで、2重になった外側に透かしのような デザインの穴があるヒビの入った凝ったものです。 相馬焼というからには相馬で焼いているのだろうと思っていたら、 浪江の大堀というところで作られているとのこと。 全町避難で今現在、その焼き物は避難先で作られていて、 浪江を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿狼山・道々の花

山を越えれば、そこは既にもう宮城県、そんな位置にある低山です。 雨に打たれて咲いていた竜のひげ。 ホタルブクロを幾つも見ることが出来ました。 ミツバツツジが残っていました。 花ではないけれど、野イチゴ。 ヤマボウシと栗の花 アザミ ヤマユリの蕾 ヒヨドリバナ モミジガサ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・野手上山(飯舘村)

飯舘村の道の駅「までい館」で蕎麦を食えるかと思いきや、 うどんとラーメンしか麺類はありませんでした。 阿武隈山系に、蕎麦の文化はなかったかなあ・・・?? ちなみに「までい」とは、丁寧にとか、大切にするというような この地方一帯の方言だったと記憶します。 全村避難で全国的に有名になった言葉でしょうか。 道の駅で、野手上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・虎捕山・・続き

変更されたブログが何故か重くて・・・残りを分けて記載します。 虎捕山の山頂はこの岩場を過ぎて、更に少し歩いた 雑木林の茂った見晴らしの無いところでした。 三等三角点も有りますが、それだけのところです。 点在する農家が俯瞰できます。 帰還されて生活してると思われます。 麓に下りて少し走ると、牧場が道路沿いにあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・虎捕山

とらとりやま、と読むこの山は、福島第一原発事故の被害により 全村避難を強いられた飯舘村の東北の外れに在ります。 山津見神社という大きな神社の裏手が登山口の信仰の山です。 広い駐車場に私の車だけがポツンと、なんだか寂しい風景。 さっき駐車場の前の道路をサルが歩いていましたが、 昔はいなかったサルがやたら増えて我が物顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・雨中の鹿狼山

6月から7月にかけて4日間、福島にボランティアと山に出掛けていました。 6月30日は折からの梅雨の雨・・・ 山はガスの中に霞んでいます。 駐車場には車が2台、この雨の中を登っているのか?? さて、自分はどうしたものか・・・ 考えながら車中で朝飯を。 立派な看板の案内板が有ります。 傘を差したシルバー世代がバラバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父へ蕎麦喰いに

パートの仕事が突然お休みになり、 朝の洗濯を終えてから出掛けました。 準備不足で山は出掛けられずに、何とは無く秩父へ。 R299を走るのが好きなのです。 ずうっと追い越し禁止のこの道。 目的をこしらえないと出掛けられないタチ、 元、荒川村の蕎麦店が目的地。 直ぐ傍に「アルフィー」の桜井クンの実家が・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釈迦ヶ岳・黒岳、道々の花

釈迦ヶ岳の登山道入り口当たりに沢山咲いていました。 クサタチバナ これはフタリシズカ?でかい・・ ヤマツツジがまだ咲いていました。 で、これは何だろう? ヤマオダマキか、ホタルブクロじゃないと思うけれど。 閉じているからなあ・・・やはりヤマオダマキでしょうね。 尾根、しかも山頂近くにありながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦川町の黒岳へ

日向坂峠から黒岳へ向かいます。 歩き易い落葉樹の林の中を歩きます。 ミズナラの林です。ドングリのなる木、熊さんの 餌として重要かな? 標高が上がると、ブナ林になって行きます。 これも熊さんの餌になる実ができますねえ。 黒岳山頂は1700mを越えていました。 見晴らしは良くありません。 200m先に展望台の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウロウロ徘徊・釈迦ヶ岳

午前2時過ぎに起きだして支度、出掛けましたが、 ナビに振り回されて時間を消耗していまいました。 何時になったらナビを使いこなせるようになるのでしょうか??? 永久に無理かも@@ 登山口は芦川町のスズラン群生地なのでしたが、 連れていかれたのは「スズランの里」というレストランの廃墟 ┐(´д`)┌ヤレヤレ 改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more