炊飯・・・米を炊く

外出自粛疲れとかで、自然の中を求めて湘南や房総に人が出掛け、 人が考えることはたいして違わないようで、結果、混雑。 私の田舎は過疎で、多分、求めなければ何日も人には会わない。 路上には全く人が見当たらないのは、コロナ以前からの事。 限界集落・・ 亡くなった孤老が何日も発見されず放置・・・なんてことも起きている。 そこ…
コメント:0

続きを読むread more

武川岳・道々の花

崩落している橋の近くの山の崖面に、ミツバツツジが咲いていました。 陽当たりがいいのか、他に比べて早い開花の様です。 武川岳は、カタクリの群生が知られていますが、まだ少し早いようです。 カタクリは鹿の食害にはあわないのでしょうか? 馬酔木は勿論、鹿は食べませんね。 スミレも咲いています…
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・武川岳を歩く

この時期の山行きは、不要不急の要請に反するのかなあ・・・などと思案しない訳ではない。 車で登山口まで行き、歩き出せば人と接することもほぼない、などと言い訳して・・・ 昨秋の台風19号以降に出掛ける山は、登山路が荒廃していることを念頭に置いて行かないと、 通行止めや土石流に塞がれた光景に途方にくれてしまう。 という訳で…
コメント:0

続きを読むread more

棒の峰へのハイク路に咲く花

外出自粛の人間界の騒動とは無縁のように季節が来れば花は咲いていました。 全く期待していなかったのですが、気付いたら足元に、 イワウチワの花が三々五々咲いているのでした。 群生とは言い難いささやかなものなのですが。 馬酔木の花も見つけました。 全ての木に咲いていたわけでは有りませんでしたが・・・。 …
コメント:0

続きを読むread more

棒の峰の散歩

4月3日、朝の風呂掃除や洗濯、炊飯用意を済ませてGパンにスニーカー用靴下で 出掛けました。 生活習慣病対策か、なんて思いながら上記の靴下でインソール忘れた登山靴履いて 歩き出します。 有馬ダムの湖畔の白谷沢?登山口の駐車場は満車。 少し行ったところへ止めて用意。 湖畔の桜は今が見頃か・・・カメ爺が路駐してウロウロ…
コメント:0

続きを読むread more

秩父・春の息吹の武甲山

石灰岩の採石工場の間を縫って登山口へ向かおうとすると、 交通止めの表示が出ています。 やはり、昨秋の台風19号の影響のようですが、 引き返すべきかどうか逡巡して、車止めのバリケードが無いのを幸いと、 行けるところまで行こうと入りました。 やはり、沢の渓流が氾濫したと思われ、舗装が抉られていました。 しかし、まあ、…
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・残る台風の爪痕

山に行っていない・・・ せめてその近くに行って憂さ晴らしなどを、 と、飯能市の名栗にある有馬湖へ行ってみました。 山肌に残る台風19号の爪痕。 モルタルを吹き付けて覆った掘削された斜面が崩落。 道路を作るために削り出来た法面の擁壁も崩落。 それらとは関係なく、さわらびの湯の敷地に、 なにやら野外ステ…
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・半田山

♪ハゲッペ半田山~登れば ツルッ ッツル~ 幼い頃に歌った戯れ歌ですが、この山はてっきり、禿山だと思い込んでいましたが・・。 遠方からしか見たことが有りませんから、白い縦筋が禿に見えたのでしょうね。 決して禿てはいませんでしたこの山。 福島の中通りの最北、宮城県との県境に位置する山です。 その昔、銀山として栄え…
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・いわきの明神山

田人町荷路夫・・・たびとまちにちぶと読むことを初めて知った次第です。 福島は広いのでした、福島の山を登り始めていろんな未知の地名を知りました。 今回もボランテイアの帰路、道の駅を早朝に発ち、明神山へ向かったのです。 山間のポツリポツリと存在する民家を通過しながら、此処で良いのかな? と、いつも不安になるのです。 そんな…
コメント:0

続きを読むread more

福島・いわきー四倉の海

道の駅の直ぐ前は太平洋です。 四倉漁港があり、砂浜もあって、海水浴も出来るのでしょうか? 大震災の後に出来たと思われる高い防潮堤が有ります。 およそ6m位の高さと思われます。 砂浜にはヤシの木?と思しき木がが数本立っていました。 大震災以前のこの浜辺の様子を知りませんが、防潮堤なんか無かったのでは? R6から…
コメント:0

続きを読むread more

ボランティアのついでに楢葉Jヴィレッジ

2011年の震災対応で、自衛隊等の基地になっていたサッカーのJヴィレッジが 基に戻してから、初めて寄ってみました。 綺麗なグリーンが蘇っていました。 中学生と思しきサッカー少年がバスから降りて歩いていたり。 国防色のトラックや重機が出入りしていた殺伐とした光景は、 影すらありません。 けれども、未だに原発…
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩の前飛竜山とんぼ返り

丹波村の道の駅にて車中泊でしたが、空いていました。 夜半、雨だったため、あくる日が晴れるかどうか心配でしたが・・・ 早朝の道の駅はガスっていましたが雨は止んでいました。 止んでいなかったら、雨を言い訳にして中止だったのですが・・・。 (┐(´д`)┌ヤレヤレ) どうにも気力が衰えているようです。 車を置いて、道路…
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・鎌倉山(古殿町)

鮫川沿いにいわきから古殿町へ向かう道は、何カ所も片側通行の工事交通信号に遇いました。 台風19号の被害復旧でしょうか。 例によって、道の駅へ向かい、車中泊です。 大きなキャンピングカーが1台いるだけで、寂しい駐車場でした。 此処もまたおそらくは過疎の波に揉まれているのだと思われます。 一夜を過ごして、明くる早朝…
コメント:0

続きを読むread more

福島・大熊町のJR駅復旧

ボランティアの帰路、大熊町の常磐線の駅に寄りました。 大熊町は福島第一原発の立地町で、全町避難が続いていた町です。 此処に入るには事前に申請して許可を得て、スクリーニング場に寄り、 名簿を提出して確認の上、線量計や防護服を受け取ってからでないといけません。 帰りにはスクリーニング場で線量計等を返却して、靴の裏の線量を計っ…
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・無垢路岐山の検証

幼い頃の記憶に残るこの名前。 ムクロギヤマと読むのです。昔、幼い頃に亡き父の口から聞いたのですが、 妙に記憶に残っているのでした。 伊達市と飯舘村の境界にありますが、まあ、登山の対象では有りません。 従って、道は無く、夏なら、藪漕ぎでしょうね。 この山を登るのは一部の篤志家(モノズキ・・・・・・??) 道路際の畑…
コメント:0

続きを読むread more

東京都あきる野・城山散策

体力の衰えの前に、気力が衰えるらしい・・・・ で、気力を振り絞って(まあ、大袈裟ですが┐(´д`)┌ヤレヤレ) トレーニングと称してミニハイクです。 武蔵五日市の市街地直ぐ傍の城山へ。 車で行ったために、駐車できる場所探しでウロウロしました。 結局は市の運動公園の駐車場に止めて、散歩に来ていたお婆さんに登山口を 教え…
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・伊豆ヶ岳散策

山を歩いていないので、体力の衰えが懸念されます。 トレーニング程度ということで重い腰を上げてお出かけです。 電車で行く正丸駅からではなく、元気プラザ側から。 林道の車止め前に車を停めて歩き出します。 十数年前に初めて伊豆が岳へ登ったのもここからですが、 山頂まで直ぐなので楽チンだったのでした。 直ぐに沢を渉り、稜…
コメント:0

続きを読むread more

北アの見える町

青春18切符があと2回使えますが、10日までです。 そこで長野へ行ってみることにしました。 松本が近いのでそちらへ。 共済の補助もこの1月でお仕舞です。 塩山で乗り換え待ちが30分、下りてお昼を。 駅近くにコンビニは有りません。 食堂が有ったのでそこでザルそば。 500円、駅の立ち食いの方が・・・な…
コメント:0

続きを読むread more

滋賀彦根・佐和山を歩く

昨年の暮れに訪れたけれど、夕方だったために入り口で引き返していたことから、 今回、再度行ってみることとしました。 ここは関ケ原で敗れた西軍の将、石田三成の居城だったことから興味を持ったものです。 JR在来線の車窓から「佐和山城址」の看板が見えています。 麓の町名が「佐和山」となっていました。 標高は260m余り…
コメント:0

続きを読むread more

京都・桂離宮を歩く(後編)

離宮というけれど、秀吉や信長が作った豪華絢爛な城や屋敷の様な物ではなく、 詫び寂び香る茶室が主となるものだったのは何故なのでしょうか? 日本庭園にはそういうものが合うから・・・ 質素=自然=日本庭園? 東京でも見た庭園、清住庭園、後楽園、殿ヶ谷庭園、六義園、浜離宮、いや、そこには 建築物は多くは無かったと思われますが・…
コメント:0

続きを読むread more