福島の山・二つの妙見山(2)

一つ目の妙見山を降りて二つ目に向かいます。
しかし、この山が道路地図に載っていません。

ナビにどうやって指示しようかと・・・・難儀します。

ナビの地図を詳細画面にして、やっと出て来ましたが今度は登山口がわかりません???

山の麓の集落をウロウロして怪しいジーサンを演じてしまいました。

住宅の間の狭い道が神社に入る入口、どうやらそこがそうらしいのでした。
DSCN4597 - コピー.JPG
DSCN4598 - コピー.JPG
DSCN4599 - コピー.JPG
お社の右側のくぼみが参道?沢みたいに流れが有るので道かしらん??

他に道らしきものは見当たらず、ニリンソウの草叢があるだけ。
DSCN4600.JPG
流れに入らぬように道か沢か判然としないところを歩き出すと、
直ぐに流れは消えて、まぎれもなく山頂へ続くらしい参道になりました。
DSCN4602.JPG
DSCN4603.JPG
アレ?真新しい林道が出来ています。
DSCN4604.JPG
530m余りの標高ですから、直ぐに山頂に着きます。
DSCN4606.JPG
妙見神社の奥社。此処が山頂。
真新しい林道が此処につながっていました。
DSCN4607.JPG
本殿の前を飾る灯篭は、三基、みな地べたにおろされていました。
震災のせいでしょうか。
DSCN4608.JPG
岩の上に腰を下ろした杉。
DSCN4609.JPG
枯れて倒れたのか、落雷のせいか、失われてしまった古木の杉。
DSCN4610.JPG
ご神木だったのか、倒壊した陰に石柱や鎖が垣間見えます。
DSCN4611.JPG
DSCN4612.JPG

下山した後にその姿を確認。
DSCN4613.JPG
形の良い山ですね。
DSCN4614.JPG
まだ、いくつか登れる山があったのですが取り敢えず2座にして
帰路に着きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント