棒の峰の散歩

4月3日、朝の風呂掃除や洗濯、炊飯用意を済ませてGパンにスニーカー用靴下で
出掛けました。

生活習慣病対策か、なんて思いながら上記の靴下でインソール忘れた登山靴履いて
歩き出します。
IMG_0177.JPG
有馬ダムの湖畔の白谷沢?登山口の駐車場は満車。
少し行ったところへ止めて用意。

湖畔の桜は今が見頃か・・・カメ爺が路駐してウロウロしてます。
IMG_0178.JPG
IMG_0179.JPG
暫く急登が続く白谷沢左岸尾根です。
IMG_0180.JPG
IMG_0181.JPG
大きな針葉樹の倒木です。
IMG_0182.JPG
IMG_0183.JPG
決して倒木マニアなんかじゃないのですが何故か目が行きます。
IMG_0184.JPG
痩せ尾根なんかも有りますねえ。
IMG_0188.JPG
IMG_0189.JPG
林道へ着く手前の大きなピークで人に会いました。
同じ世代か、やや上の人か・・・
このルートが人が増えてしまったと、お嘆きでした。
ネットのせいか。
IMG_0190.JPG
林道を渉れば、後はもう少しの道のり。

窪地の低木が薄い緑になっています。深緑ですね。
IMG_0191.JPG
IMG_0192.JPG
最後の痩尾根。
IMG_0193.JPG
IMG_0194.JPG
棒の峰から踊平方面の縦走路に着きました。
IMG_0195.JPG
で、山頂です。
IMG_0196.JPG
IMG_0197.JPG
広い山頂には数人の先着者がいます。
IMG_0198.JPG
遅い昼食を摂り、景色を楽しみます。
風景は春の霞か靄の中です。
IMG_0199.JPG
サクラは未だ蕾が硬く、咲くのは1週間くらいは先かな?
何度も来ているこの山ですが、サクラの咲く時期には訪れてません。
IMG_0200.JPG
IMG_0201.JPG
百閒小屋に行く道は遮断のロープ、そして落書き。
IMG_0202.JPG
管理者とハイカーの考えることの落差です。

ピストンの下山時に、登り途中言葉を交わしたハイカーと別れた直後に交差した
下山二人連れの高齢と思しき女性ハイカーが、道なき斜面を彷徨っていました。
交差してから、優に1.5時間は過ぎていますが????

何をしているのかなア~~と通過しようとすると、
道が判らないから同行させてほしいとのことです。

尾根に沿って歩いていれば間違えない筈ですが、獣道にでも入り込んだのでしょうか?

まあ、一応、登山地図には無い準バリエーションルート、
初めて歩くのに下りに選んだのがまずかったのでしょう。

確かに踏み跡は薄いから、見落とすのかも知れません。
急な勾配、谷筋に入り込むと滑落もあり、危険です。

低山と言えども山をなめてはいけませんよね。

なんて、オマケの付いた散歩でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント