山、時々旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野三山・青春18切符で(3)

<<   作成日時 : 2019/01/12 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

那智大社へは、本宮から一旦新宮市内に戻り、
無料の那智勝浦への自動車専用道路を経て行きます。

大門坂に車を置いて歩いて行けるのでしたが、
知らずに直ぐ傍の駐車場まで行ってしまいました。
画像

画像

青岸渡寺と言うお寺と那智大社が並んで建っています。
画像

画像

画像

本宮大社と同様にいうと那智大社は千手観音菩薩とのこと。
工事中でシートで覆われていました。
画像

画像

画像

境内から那智の大滝が遠望出来ます。
画像

少し戻って坂道の料金所前に車を置いて、
那智の滝のもとへ歩いて土産屋の中を下ります。
画像

画像

圧倒的に中国人団体が目立ちますねえ・・。

滝を見ているとトランス状態になると読んだ本には
書かれていますが、何しろ私は不信心な輩ですから・・
画像

画像

なるほどねえ・・・
これがずうっと写真やその他で見聞だけしていた滝かと、
そう言う感慨が湧いてきます。

もう少し近づくにはまた、お金が要ります(笑)
で、行きません。
画像


山を下って、那智駅の傍に補陀落山寺が有ります。
寄ってみました。
フダラクというのは浄土を意味するとか、
この寺の住職は渡海船に乗らねばならなかったという。
画像

再生された船が置いてありましたが、不気味。
住職を乗せて板と檜皮で覆ってしまい、数日分の食料を乗せて
海に流すのだとか。

那智の港から浄土へ出航。
即身仏志向。
嫌がる住職といえど無理矢理載せて閉じ込めて海へ出す。
画像

う〜〜〜む、これは殺人じゃあないかとは
現代の凡人のボヤキでは有りますが・・・。

直ぐ脇には神仏習合で、三大神社なる神社。
画像

此処は閑散としていて、チラホラ数人見かけただけでした。

聖地を巡っているのですが、穢れたこの身は清められたか??
んなことはないなあ・・・

次は最後の速玉神社へナビを頼りに再び新宮市内に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊野三山・青春18切符で(3) 山、時々旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる