南ア・テント担いで黒河内岳~広河内岳(後)

黒河内岳南峰を振り返り、別れを告げて、
東側がガスにまかれた白河内岳方面へ向かいます。
画像

白河内岳ですが、お天気が不安です。
本当なら山頂の下の緑の欠けた部分がビバーク適地らしいのですが。
画像

歩き出します。
元よりこのルートは一般道とは言われていないようです
多少の困難は考慮の内なのですが。
踏み跡は最初の内ははっきりしています。
テープも所々に。
画像

伝付峠からの表示が時々出て来ます。
画像

最低鞍部の辺りは風で曲がったダケカンバの中を
歩きます。
画像

此処を抜けると白河内手前のピークのゴーロになります。
画像

踏み跡のつくような地形ではないため
頼りになるのは先行者が積んでくれたケルンだけでした。
画像

進行方向を眺めてケルンを見つけてそっちへ向かう・・・ですね。
次にはすさまじい繁りのハイマツ帯・・・
画像

抜けると針葉樹の樹林帯。
画像

やはり天候が心配です。稜線にビバークすると、風が出たら
飛ばされそうです。
この樹林の中に適地が見つかり、そこでビバークすることにしました。
画像

下は柔らかな枯草の堆積でした。
画像

案じていた通り夜半から強風と叩くような雨となってしまいました。
心もとないルートを辿るのに視界が悪いのが心配でしたが・・・。
引き返すよりも先に行くことにして雨中のテント撤収。

白河内岳から先はケルンやテープも途絶え、
広い岩混じりの砂地や、ゴーロの斜面を強風に飛ばされそうになりながら
強い雨に叩かれてルートを探して行きます。

視界はせいぜい10mくらい、遠望が利かないと
方向性の確認ができないから、コンパスも?

低体温症にならないかと不安もありですが。

風雨のなか、写真は撮れません・・・。

時間が過ぎても天候の回復の兆しはなく、結局、
最後までこのままでした。

広河内岳に着いたら山頂からの進路が???
ペンキは伝付峠方向を示すだけ、私の行きたい農鳥岳方面は???
ヤバイ!!

ここは南側が風を遮るのでザックを下ろして、何とか写真も撮れそう。
画像

画像

山頂まで来ているから西へ行っても池の沢方面にはいかない?
東の方は??
何しろ遠目がまるで見えない・・
画像

進行方向右(東)へ向かうのが正解だったようでした。
画像

30分ほどで農鳥岳と大門小屋分岐に着いた時には
本当にほっとしました。

そんなことで緊張感が緩んだせいか、大門小屋を目の前にして
何の変哲もない登山道で転倒・・・・

幸い大事には至らずだったのですが
7月の小屋開きを目前にした小屋スタッフの方には大変ご迷惑を
お掛け致しました。
(ヘリの要請を打診され、ご辞退。登山者の居ない登山路の単独下山を心配されて
警察に連絡して下さったようで、林道にパトカーが・・・)

この場を借り、大門沢小屋のスタッフの方々にお礼とお詫びを申し上げます。
親切な若いお巡りさんにも感謝です。(山岳救助隊に入られているそうでした。)

只々、反省です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

vacabon
2018年06月30日 19:11
二子玉爺いです。
相変わらずのご活躍ですね。

この前の霞沢・徳本峠といい、今回は早川側から
テントを担いで2000mを登り広河内とは脱帽です。
黒河内からの3000m峰の展望は素晴らしかった
でしょうね。 羨ましい。

小生はここのところとみに1000m以内の登りで
済むルートが自分の体力に見合っていると思って
おります。

おおむかし、小生高校の時合宿で転付峠(最近は
伝付と言うようですね)から北上し、別当代~
広河内~農鳥~北岳ルートを計画しましたが、
転付を出発して途端に踏み跡ほぼ無し強烈藪漕ぎで、
西別当代辺りで遭えなく撤退。 椹島から荒川
方面に変更しました。

今は広河内~伝付、更には笊の方まで一応
ルートが付いているようですね。(小生には
夢のまた夢ですが)

転倒なさったようですが、大事に至らなくて
良かったです。
お互い周りに迷惑をかけずに山行を続け
られればいいですね。

引き続きのご活躍を。
ウラヤマ
2018年07月01日 00:41
書きこみ有難うございます。
高校時代に山岳部で頑張られたのでしたか。
その頃の伝付峠は早川からの登山路は綺麗な渓谷だったようですが、今は台風で荒れてしまって迂回路を経由していますね。
身延山から七面山を経由してずうっと笊ヶ岳を通り黒河内まで歩けるようですが、体力的に持たないなあ、と諦めています。何しろ、稜線歩きは水が有りません。
 バランスを崩して4,5mの法面の転落でしたが、
ヘリや救急車は勘弁してもらい、自力の下山をしました。
高齢者の無謀な登山と叩かれそうなので・・・・
梅雨が明けたと聞き、もう2,3日遅らせれば晴れの山歩きで災難にも会わなかったか、と若干後悔しています。
現在、近所の病院に通院中です。

vacabon
2018年07月02日 00:05
 かなり大きな怪我をなさったようですね。
後遺症などになりませぬよう願っております。

 伝付峠道は往時も新倉から田代川発電所を
過ぎた辺り、がけ崩れで高巻きをさせられた
記憶がありますね。 ひたすら樹林帯の登り
で、峠直前の水場で露営しました。

 私事ですが、5月に三峰~雲取、笠取~
飛龍に(軟弱なので2回に分けてです)
、6/14にはピーカンの中苗場に(勿論
祓川ルートの往復ですが)に行ってきました。
 7月中旬を目途に大朝日に行ってくる
つもりでおります。

 ではお大事になさってください。
ウラヤマ
2018年07月02日 00:43
御心配頂いて申し訳ない気持ちです。
後遺症は無いと思いますが、此処であまり具体的な状態を書くのも躊躇われますのでお察しください。
 転付峠は多分此処に掲載あると思いますが2年前に歩いてヘロヘロになって二軒小屋に着いたのでした。
もう歩きたくないとその時は思わされましたが。蝙蝠を経て熊ノ平、農取、大門沢と周回しました。無論テントです。貴兄は奥多摩をお楽しみでしたか。いいですね。
大朝日は左沢からナチュラリストの家経由でピストンですか。昨年の7月に鶴岡から大鳥池~以東岳~朝日岳と縦走、
小屋に2泊しました。いい山です、お楽しみですね。
ちなみに青春18きっぷを利用しました(笑)
安全第一で山を楽しんでください。

この記事へのトラックバック