山、時々旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島の山・日山(天王山)

<<   作成日時 : 2017/10/11 22:49  

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

南相馬で3日間のボランティアを終えて、
R4沿いの安達道の駅で車中泊、翌10月9日早朝に
阿武隈山地の日山に登りました。
此処は川俣町や田村市、二本松市などから登山道が
あるようです。
阿武隈山地には1000m峰は3峰しかないとか。
この山は1057m、その中の1峰という事でしょう。
画像

中腹にあるキャンプ場まで車が入れます。
キャンプ場はテントが数張り、バンガローもあってそちらにも
人がいて、中々回復しない福島と言われる中、
アウトドアで賑わっているのは嬉しいことでした。
そのキャンプ場の駐車場で雲海を見ることが出来ました。
山は羽山かと・・・
画像

鳥居をくぐるのが登山道でした。
画像

信仰登山の山だったのでしょう。
擬木の階段が少しの間続きます。
画像

早朝の雲海が涼し気です。
画像

登山道はよく整備されて、両脇の笹は刈り払われています。
画像

唯一の四阿が逆光の中にありました。
画像

夏の名残のアザミ。
画像

同じくアキノキリンソウ
画像

ミズナラとカラマツの林の中。
画像

ミズナラの林。里山は炭焼きやシイタケの原木として
伐採されて、ひこばえがまた大きくなるのですが、
此処はその形跡がありません。
画像

0.5Kmごとに表示がありました。
画像

なだらかで歩き易く、疲れません(^0^)
阿武隈の山の特徴です。
画像

1時間20分くらいで山頂に着くといきなりの鳥居です。
画像

くぐると社。
画像

社の裏に廻るとまたしても大鳥居と社です。
それに、なんとなく周囲と釣り合いのとれない木造の展望デッキ。
画像

反対側にも鳥居と社。
画像

山頂が広いのですねえ。
眺望も良く、360度見えます。
吾妻連峰。
画像

蔵王・・・雲を被っていました。
画像

山頂の周囲はレンゲツツジかな?ツツジで覆われています。
画像

未だこのくらいの標高の山は紅葉には早いようです。
しかし、山の幸の栗を拾って帰り、栗ご飯にしました。
画像

画像

栗ご飯が美味しかったのは言うまでも有りません(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島の山・日山(天王山) 山、時々旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる