テーマ:

戸隠山日帰り

以前から気になっていた山ですが、上級者向きという事で行っていない山。 仕事が無い今、ヒマに任せて出掛けました。 例によって下道を走り、黒姫町(?)のしなの道の駅に夕方到着。 他にも数組の登山者が車中泊をしています。 しかし、ガラガラに空いていました。 翌早朝、戸隠神社の奥社入り口にある駐車場はいずれも有料で閉まってます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜ヶ岳散策(後)

この時間に歩くハイカーは稀な様子、 トレランの一人に道を譲っただけでした。 しかし、もし、この笹原に道が切り開かれていなかったなら、 とてもある気になどならないと思わされる密生です。 湖畔登山口からの道との合流点です。 未だ山頂まではもう少しあるようです。 ほゞ平らな所を歩くだけのことですが。 ここからも本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜ヶ岳散策(前)

いい加減に何処かの山へ行っておかないと、 いよいよ山から遠ざかりそうだということで、 急遽物色して、富士の裾野のこの山へ行って来ました。 本栖湖のほとりに鎮座する山。 早朝家を出て珍しく高速を使い到着です。 広いところですが、此処が駐車場なのかどうか??? 後から来たデリカの男性に聞いて、ま、いいかと。 キャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての筑波山

下妻の道の駅に車中泊したのは、筑波山に登ろうという 目的の為でした。 田圃の真ん中、という位置かと・・・。 思い付きだったので、準備ゼロ。 地図無し、予備知識なし。 ナビで検索。 ケーブルカーの駅の駐車場に着きました。 賑やかなデコレーションの中のガマ。 そう言えば、筑波山のガマの油売りのタンカ売は有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥久慈・男体山

今年のお正月の南アの山小屋での宴会、 茨城のご夫婦の話で知ったこの山へ行ってみました。 日光のそれがあまりに有名ですが。 ゴールデンウイークとて、駐車場は満車。 一旦下って登り返します。古民家のそば屋さんの 鼻先をかすめて歩きます。 三々五々、多くのハイカーと行き交います。 下から見上げると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・良々堂山(ややどうやま)(後)

信仰心があつい訳ではないけれど、なぜか来た山。 三十三から何故か逆に一を辿る道程とはなったわけですが・・ どの観音像も大きな岩と連れ添っています。 山頂を目指す山行とは聊か異なってしまったのでした。 地元の小学生が作ったそれぞれの観音像の表示板です。 千手観音像が多いようです。 二十四番目の観音像の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・良々堂山(ややどうやま)(前)

ここはもう、既にいわき市の小野町なのはボンヤリと 分かってはいたけれど判然とはしませんでした。 地理感覚が失われていたようなそんな気持ちです。 福島の中でも浜通りは殆ど来た記憶が無く、 此処もこの山に来ることが無ければ多分、 一生涯来る事も無かったでしょうねえ・・・ 個人所有の山なのでしょう。 半分が人工林の伐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・一盃山

久々の福島の山に、気持ちが浮き立っていました。 例によって、下道をシコシコと走って、 先ずは母の墓参りを済ませます。 その後は、安達太良道の駅でお泊り。 道路地図を忘れて、ナビで山への道を探すのは至難でした。 参考書の登山口の地名を何とか探して走り、 案内板を見つけてホッとします。 割と広めの駐車場がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命短し

少し目を離した程度の時間の経過で、 顔ぶれが入れ替わっています。 カタクリは散り、スミレや桜、ツツジが主役に。 名栗の山に咲く桜、少し早い様子でした。 コンデジで写すと味わいが異なるイワウチワ。 【写真転載禁止】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワウチワbyチャリ

朝、思いつき、名栗に行きました。 チャリでエッチラオッチラと、なにしろロードバイクじゃあ有りません。 片道30km、3時間くらいとふんでいましたが2時間でした。 この季節、イワウチワが見られるはずと行ったのです。 2011年の大震災の時に買った自転車ですが、 かなり草臥れたかなあ・・・・ さわらびの湯の下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峰口駅にSL

青息吐息で着いた秩父鉄道の三峰口駅にはSL・パレオ・エクスプレスと、 人だかりが・・・・。 山行の仕上げにこんなお駄賃が頂けるとは@@ 良い子にしていると神様が見ていて下さる(ナンてね🙌) もしかしたら、ボツボツ運行するためのセレモニー?? 週末だけ500円の付加運賃をとり走るらしいのです。 私はその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父の白岩山は雪山(後)

下界が20℃を越える中、山中も暖かいようです。 ペットボトルの水も凍らず朝を迎えました。 小屋を出て、先の雲取山とは反対の方へ、 下ります。 下りではアイゼンを付けます。 朝は雪がクラスとしていてアイゼンの爪が良く効きます。 同宿の士と途中まで一緒です。 お清平に着きました。およそ出発から2時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父の白岩山は雪山(前)

久々にテントを担いで出掛けました。 予定では大陽寺から登り始めて、白岩小屋辺りにテントかと。 秩父駅から西武バスの三峰神社行きに乗って、 途中下車を目論んでいましたが、急行バスとかで 降りたいバス停「大陽寺入り口」は止まらないことを 知って愕然!! 色々考えましたが、取り敢えず三峰神社へ行くことに。 バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾野・御岳神社3月、野の花

フキノトウのフキ味噌が食べたい、なんて思いながら 道端に咲く花を見ていました。 花への感想よりも、食い気が先立つこの私。 まあ、こう開いてしまってはいけません(笑) 花大根も一株。 スミレが日当たりのいいところに咲いていました。 多分、タチツボスミレでしょう。 今頃の奥武蔵ではまだ早い方かも知れませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び吉田山へ

先日、道を外した吉田山下山の検証に行ってみました。 洗濯を終えてゆっくりと家を出て、西武秩父線の 吾野駅に着いたのはもう正午近い時間でした。 駅前の店は本日は開いていました。 お天気は良いけれど心無しか冷たい空気の中を歩きます。 宮城県名取閖上地区の鐘を預かっているとか・・・ 今まで、気付きませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・本陣山~吉田山散歩

カッコよく言うと「モチベーション」が上がりません。 老い?多分・・・ 3月になって初めての低山歩きです。 前回同様に西吾野で西武電車を降りて、R299まで出ます。 アクリル板の案内は残っていました。 橋を渡ります。 歩かれなくなった山道は茅が茂り、以前より一層荒れていました。 植林地の中の道は抉られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥武蔵・西吾野~高山不動

早朝のお出かけは、どうしてもお尻が動きません。 なので、本日も9時過ぎに家を出て山に向かいました。 電車を降りたら、すでに11時を回っていました。 西吾野駅で降りたのは3人くらいです。 こんな時間から登山口に向かうような輩は多分他にはいないかも。 駅から下って、渓流に沿って舗装道路を登ります。 地図によれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都留アルプスを徘徊

〇〇アルプスと言う名をあちこちで見かけます。 ご当地アルプスとでも言えばいいのでしょうか。 いずれも低山で、ご愛嬌といえばそういえるもの。 都留アルプスもその流れでしょう。 電車を乗り継いで行って参りました。 JRが富士急に乗り入れたダイヤだったので、 乗り換えなしの楽をしました。 都留市駅で下ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙指尾根~本仁田山~古里(後)

平石尾根から、川苔山~本仁田山の登山道に出ます。 先日歩いているのでここは安心。 でも、山頂のピークとは思えない平石山です。 先日の画像はピンボケだったので撮り直しです(笑) 以前は結構大きな山名板があったようですね。 暫く登りが続きます。 登山道の標識です。 本仁田山が見えて来ました。 今日は閑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙指尾根~本仁田山~古里(前)

日を置かずに妙指尾根を歩くことにしました。 多分、白く見える尾根筋が妙指尾根でしょう。 今朝も先日と同様に町役場の前を行きます。 吊り橋を渡ります。 コンクリート舗装の狭い坂を登ると民家が見えて来ました。 多分、空き家ではなくてお住まいになっている様子でした。 空き家でないことが何だか嬉しくて微笑んでしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見落としたマイナールート妙指尾根

奥多摩の寺地から吊り橋を渡ったところは 文字通り、向寺地というようですが、 ここから真っ直ぐに登っていける尾根があることを 帰宅してから知りました。 民家近く倒れた標識に、「向寺地のアカガシ」と書かれているのを 確認して知りました。 アカガシの大木にはそれほど興味はないのですが・・・ で、その先を尾根伝いに登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩・本仁田山周回

今年初めての山行きでした。 歩いていない道が見つかったので、 すんなりと出掛ける気持ちになり、行って来ました。 奥多摩駅からバスに乗らないで歩いて登山口へ行けるのも 気に入ったのです。 駅を出て奥多摩町役場の前を通り、橋を渡って 日原街道へ出ます。 役場の駐車場が、タイムスのコインパーキングになっていたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始恒例の南ア

明けましておめでとうございます。 12月29日夜から出掛けて、南ア北沢峠の 長衛小屋に泊まりこみました。 戸台の河原駐車場に着いたのは30日早朝AM1時前。 車内でシートを倒してシュラフを被って寝ましたが、 寒くてまんじりともしません。 しかし、ふと時計を見ると6時半・・・寝過ぎました。 駐車場の車の台数は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊吹山のお粗末記

12月10日、この日から青春18切符が有効になることから、 京都駅で購入して早朝の電車に乗りました。 ホテルのチェックアウトをAM5:30、まだ暗い早朝の古都を 5条堀川から京都駅まで歩きました。 米原で乗り換えて、近江長岡駅で下車。 お天気は良くて、伊吹山が良く見えます。 やはり昨日の雨は、山では雪になったのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧降高原から赤薙山(後)

女峰山までは無理として、取り敢えずは 奥社跡のピークまでは行ってみようと歩き出します。 多分、真ん中のピークが女峰山、左手前のピークが 奥社跡。 年を考えて無理はしません。 男体山はガスに隠れて雲海に浮かんでいます。 近くに見えて遠いのがあの峰、奥社跡。 男体山のガスが晴れて来ました。 日陰の痩せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧降高原から赤薙山(前)

石裂山から眺めた女峰山を目指して霧降高原の パーキングへ着いたのはお昼の12時過ぎ。 いいお天気ですが今日のこれからは山は時間的に無理です。 取り敢えずの現地視察(笑) 日光市内で車中泊を企んでウロウロ徘徊です。 オートキャンプ場が有りましたが、聊か無理な筋。 運動公園の駐車場ががら空きでゲート無し。 此処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石裂山・尾鑿山(栃木,鹿沼)徘徊(2)

地図をよくよく見返してみると、西側の集落は尾鑿、 東は石裂、どちらもオザクと読むらしく、 それでナビは西の方を目指したようです。 どちらも空き家が多い・・・人は少ない、日本の縮図。 なので、山名板も併記。 旧漢字という訳ではなさそうです。 山頂は日興側が眺望が開けていました。 女峰山や男体山がお天気がいいため、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石裂山・尾鑿山(栃木鹿沼)徘徊(1)

文字通りの徘徊でした・・・ 山の東側にナビで案内させてしまったようで、 慌てて西側の登山口に指示して、その通り行ったら 通行止め・・・/(^o^)\ナンテコッタイ 深夜のバタバタ劇、疲れました。 石裂の集落の集会所の庭で車中泊。 早朝にこの地元のお母さんにバッタリ出会い教えていただきました。 奥の神社前に駐車場が在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍崖山(飯能市)ハイク

昨日はチャリでしたが、本日は電車で飯能駅へ。 駅から歩きます。 本日の山も、里山ハイク、丘の様な軽いもの。 名栗川(入間川)を渡り、対岸へ行って山に取り付きます。 岩割橋といって歩行者専用の赤いアーチが目立ちます。 飯能河原と称される川遊びの河畔、 幼稚園児が遠足で来ていました。 ハイキングコースじゃあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩・タワ尾根から(2)

10月16日、早朝4時半に起きて、 外の寒暖計確認、氷点下1度。 ガスっていて視界は殆どゼロでした。 他のお二方も起きてそれぞれゴソゴソ・・。 おかゆとパンを食べて出掛けます。 暫くはヘッデン使用です。 一杯水避難小屋へ向けて歩いて、七跳尾根分岐で 体温調節、ウインドブレーカーとフリースを脱ぎました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more