滋賀彦根・佐和山を歩く

昨年の暮れに訪れたけれど、夕方だったために入り口で引き返していたことから、 今回、再度行ってみることとしました。 ここは関ケ原で敗れた西軍の将、石田三成の居城だったことから興味を持ったものです。 JR在来線の車窓から「佐和山城址」の看板が見えています。 麓の町名が「佐和山」となっていました。 標高は260m余り…
コメント:0

続きを読むread more

京都・桂離宮を歩く(後編)

離宮というけれど、秀吉や信長が作った豪華絢爛な城や屋敷の様な物ではなく、 詫び寂び香る茶室が主となるものだったのは何故なのでしょうか? 日本庭園にはそういうものが合うから・・・ 質素=自然=日本庭園? 東京でも見た庭園、清住庭園、後楽園、殿ヶ谷庭園、六義園、浜離宮、いや、そこには 建築物は多くは無かったと思われますが・…
コメント:0

続きを読むread more

京都・桂離宮を歩く(前編)

出町柳で京阪線に乗り換えて、四条で降りて鴨川を渡って阪急線に乗り換えです。 叡山鉄道の出町柳駅は目立たない駅でした。 阪急線の桂駅から20分ほど歩くと桂離宮です。 こちらは少人数のグループに案内者がついて、拝観料1000円納付します。 当日の受付も有り、この日は当日でも大丈夫なようでした。 路面は小さな石を平面…
コメント:0

続きを読むread more

京都・修学院離宮を見学(後編)

上離宮は標高160m(?)くらいだったかの位置にあり、京都市街地を眺望できて景観がとてもいいのでした。 直下には浴竜池が作られていて、舟遊びもしたようです。 途中の園路から田圃が見えます。 松並木を歩いて・・・ 隣雲亭と言われる建物の深い軒下の土間は一二三石という石が埋め込まれていました。 竜の…
コメント:0

続きを読むread more

京都・修学院離宮を見学(前編)

12月、青春18切符冬バージョンの季節です。 およそ12時間をかけて大阪のホテルに到着。 乗換が高田馬場、品川、熱海、島田、浜松、豊橋、大垣、米原、と、8か所。 正直、疲れますが、何と言っても12,050円で5日間鈍行乗り放題には敵いません。 翌朝早く大阪を発ち、京都へ。 2か月前から参観予約している修学院離宮は9…
コメント:0

続きを読むread more

福島の山。いわき・湯ノ岳

いわき市の台風19号被災のボランティアに出掛けて、帰路についでに山へ登りたかったが、 資料を持って出なかったため、ナビで検索できる山しか行くことが出来ませんでした。 結果、やみくもに行く羽目となり、私有地につき、立入禁止・・・ 仕方なく、公園の様な山を歩くこととなりました。 広い駐車場はいわき市街地を眺められる展望台…
コメント:0

続きを読むread more

豆苗とカイワレ大根

買って来た豆苗とカイワレ大根の使って残った根っこを、 発泡スチロールのトレイに入れ、水を注ぎ数日置いておく。 カイワレ大根 こちらは未だ、再生の芽は出て来ていない。 豆苗は数日先行したせいか、伸びてきていた。 以前、TVでやっていた実験を真似ている。 豆苗が何回再生できるか、といったもので、たしか…
コメント:0

続きを読むread more

長野市運動公園のボラセン

広い運動公園がボラセンの受付になっていました。 此処から市北部の台風被害がひどかった地区へシャトルバスでボランテイアを運んでいます。 一日目は比較的被害が軽度の市南部の住宅の床下の泥掻き。 これはかなりキツイ作業でした。 図体のでかい私は思わず、無理だと叫んでしまいました・・。 畳み下なんだから、荒床を剥がして…
コメント:0

続きを読むread more

信州新町の道の駅

台風19号の被災地、福島のいわき市に行こうと企みましたが、 悪天候で受入れ中止、ところが長野は雨が降っていません。 雨降る軽井沢を過ぎると曇天ながら雨は止んでいました。 長野市から最も近い道の駅は探すと、信州新町、こんな地名があったんだと思いつつ お世話になりました。 信州信濃の蕎麦よりも、わたしゃあんたのそばがい…
コメント:0

続きを読むread more

秩父のリンゴ

秩父荒川の道の駅の近くのリンゴ園によってリンゴを購いました。 かつては数十軒あったという秩父のリンゴ農家も、後継者難でいまや10軒に欠けるほどに 減ってしまったそうですが・・。 農家の庭先迄車で入り、人気が無いのでウロウロしていると、 ご主人らしき方が出て来られて、お話しします。 取り置きはないから、購入者が現…
コメント:0

続きを読むread more

秩父荒川新蕎麦祭り

蕎麦が好きで、時々思い出すと秩父に食べに行きます。 片道約50km、およそ2時間のドライブになります。 時節がちょうど新蕎麦のころ、何度か新蕎麦祭りには行ったことが有りますが、 何時も長い行列・・・ 昨年は延べ3万人の人出とか、混むのは当たり前というところでしょうか。 前回行ったのは10年以上前かも??? 1.3KM…
コメント:0

続きを読むread more

台風19号被災地で

東北の玄関口と言われる福島の被災地、その一つの相馬市へ10月26~28日に行って来ました。 無料措置の高速道路を走ること約6時間余り、目的地の相馬インターよりも 手前の富岡ICで降ろされてしまい、そこからR6を渋滞の中・・・でした。 相馬市のボランテイア活動は2011年の東北大震災以来のことです。 事前に調べたボラセンの駐車…
コメント:0

続きを読むread more

台風の爪痕

故郷の福島が台風19号による大きな被害を受けました。 中でも、阿武隈川流域の被害が突出して多いようです。 支流の一つの広瀬川が幼少の頃に慣れ親しんだ河川ですが、 そこも大きく氾濫しました。 マスコミには登場しませんが、河川改修した堤防が、ズタズタになっていました。 不幸中の幸いというか、人家には及ばなかったようですが。 …
コメント:0

続きを読むread more

福島の山・初秋の和尚山

9月15日、浪江のボランテイアの合間を縫って和尚山に行って来ました。 和尚山は、安達太良連峰の南端にある標高1600m余の山、 安達太良に隠れた地味な山です。 そんな訳で安達太良山には何度か来ていますが、此処は初めて。 前回、牧場の鉄扉に追い返されたので、今回はその上の方から 母成グリーンラインから入ろうと企んでいまし…
コメント:0

続きを読むread more

思い付きで妙高山

しなの道の駅から、目の前に良く見えていた妙高山。 もう45年くらい前に友人に誘われて池ノ平スキー場に来た記憶が 朧げにあるのですが、ちょうど傍にいた登山者に、思わず、 山の名前を尋ねてしまいました。 前日に2座登り、今日は止めておこうと思っていたにもかかわらず、 妙高山に登ってみようという思いつきです。 調べていない…
コメント:0

続きを読むread more

戸隠山~高妻山・道々の花

いわゆる高山植物らしい花を見ることも無い山でしたが、 リンドウは豊富に行く先々で咲いていました。 ウメバチソウも沢山見ることが出来ました。 コバノコゴメクサも豊富。 アキノキリンソウ ニガナ 岩場に張り付いたら、目の前に咲いていました。 ダイモンジソウ リンドウ 太陽が出ていると先端…
コメント:0

続きを読むread more

一不動から高妻山

奇岩を臨める尾根筋の登山道を行きます。 振り返ると、蟻の戸渡が見えます。 幾つかのピークを越えて、一不動。 下山路と高妻山への分岐、避難小屋もありました。 ここから高妻山へのコースタイムは150分とか、気持ちが変わり、 行って見ることにしました。おそらく駐車場に戻るのは17:00を回るかな??? 一往…
コメント:0

続きを読むread more

戸隠山日帰り

以前から気になっていた山ですが、上級者向きという事で行っていない山。 仕事が無い今、ヒマに任せて出掛けました。 例によって下道を走り、黒姫町(?)のしなの道の駅に夕方到着。 他にも数組の登山者が車中泊をしています。 しかし、ガラガラに空いていました。 翌早朝、戸隠神社の奥社入り口にある駐車場はいずれも有料で閉まってます…
コメント:0

続きを読むread more

針ノ木岳・道々の花

針ノ木雪渓は全く上を歩くことはないほど溶けてしまっていて、 花も終わっていた物も多かったようです。 歩き始めて間もなくの花。 スダヤクシュ 谷に出て直ぐに、終わりかけたヨツバヒヨドリ。 ギボウシ クルマバナの一種?? 花が横向きのタテヤマアザミ モミジカラマツ オヤマリンドウ トリカブ…
コメント:0

続きを読むread more

北ア・針ノ木岳周回(2)

針ノ木小屋は水を1L200円で売っていました。 水源は沢からの汲み上げ? 蓮華岳から戻って、買っておいた生ぬるいビールを飲み終えた頃に 直ぐ傍にテントを張ったH氏とA氏の二人パーティが帰還し、 3人での宴会となりました。 寒いくらいのテン場、翌日の同行を約してお開き、就寝です。 翌朝、ガスっている中、雨も少々パラつい…
コメント:2

続きを読むread more