福島の山・二つの妙見山(1)

福島の須賀川市の西の方に左程距離を隔てないで二つの妙見山が有ります。
北の方に位置する方がやや標高が高いのでした。

登山口の見当がつかないために、ナビで最も近い道路を出して行って見ました。

天栄村の道の駅から早目の出発です。
DSCN4574 - コピー (2).JPG
以前、権太倉山に行く時にもお世話になりました。
DSCN4575 - コピー (2).JPG

林道の入り口で登山口の表示を見つけて入りましたが、
何処まで入れるのか分からず、途中で行き止まりも嫌だな、と程々のところで駐車。
DSCN4576 - コピー (2).JPG
実際はもっと奥まで入れたのでしたが、そうすると歩く距離が短くなってしまいます。
まあ、良しとしましょう。
DSCN4577 - コピー (2).JPG
注連縄を纏った古木が道端に屹立しています。
ご神木?
DSCN4578 - コピー (2).JPG
木製の古い鳥居です。
DSCN4579 - コピー (2).JPG
此処まで車は入れたようです。
置いてきたところからおよそ2KMくらいあるでしょうか。
DSCN4583 - コピー (2).JPG
至極簡単な鉄パイプとトラロープの車止め。
DSCN4584 - コピー (2).JPG
小さな石造りの祠が見えて来て、山頂も目の前。
DSCN4585 - コピー (2).JPG
この山の登山道は山岳信仰のこの神社の為にあったのでしょうね。
ただし、この神殿は防腐剤(防蟻薬も?)が塗布されて茶色に化粧していました。
DSCN4590 - コピー (2).JPG
DSCN4588 - コピー (2).JPG
DSCN4591 - コピー.JPG
DSCN4592 - コピー.JPG
DSCN4593 - コピー.JPG
神殿のやや奥が最高高度点らしく、土饅頭のように盛られています。
DSCN4589 - コピー (2).JPG

往復でも2時間に満たないようなので、この後に、もう一つの妙見山に行ってみることにしました。

今度の来福では念のためにスタッドレスタイヤで来ましたが、
低山はもう木々が芽吹いて春を告げていて冬支度は要りませんでした。
安達太良山辺りまで行けば様子は全く変わるのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント