秩父・春の息吹の武甲山

石灰岩の採石工場の間を縫って登山口へ向かおうとすると、
交通止めの表示が出ています。

やはり、昨秋の台風19号の影響のようですが、
引き返すべきかどうか逡巡して、車止めのバリケードが無いのを幸いと、
行けるところまで行こうと入りました。

やはり、沢の渓流が氾濫したと思われ、舗装が抉られていました。
IMG_0176.JPG
しかし、まあ、応急修理がなされている様子、何とか駐車場に着きました。
IMG_0145.JPG
林道がかなり侵食されて土石流の残骸で覆われています。
IMG_0146.JPG
迂回路の踏み跡。
IMG_0147.JPG
枝沢が荒れて土石流が流れ込んだようです。
IMG_0148.JPG
IMG_0149.JPG
IMG_0150.JPG
寸断された林道。
補修する予定はあるのでしょうか?

持山寺跡からシラジクボに向かう橋は流されずに残っていました。
IMG_0151.JPG
IMG_0152.JPG
IMG_0153.JPG
その上流の沢を跨ぐ橋は土石流止めの堰堤のようになっています。
IMG_0154.JPG
登山道に入って、歩き出すと沢にかかる橋も、単管で補修されていました。
IMG_0155.JPG
小さな滝ツボで水を汲んでいる2人に出会いました。
IMG_0156.JPG
後で話を聞いてみると、山頂のトイレの水洗用の水をボッカしているとのこと。
頭が下がりました。

雨上がりの人工造林の杉林の中は鬱々としています。
IMG_0157.JPG
見覚えのある枯れた杉の古木。
IMG_0158.JPG
大杉のところまで来ました。
かつて、此処を初めて歩いた折は、此処まで来るのに青息吐息、
やっとの想いで来たものでした。
IMG_0159.JPG
IMG_0160.JPG
ここで半分くらい来たのかなあ・・・
IMG_0161.JPG
山頂直下の水場・・・点滴の様で溜まるのは忘れた頃かなあ・・・
IMG_0163.JPG
山頂に到着しました。風が強い日です。
IMG_0164.JPG
御嶽神社の社。
IMG_0165.JPG
屋根から落ちた雪が残っていました。
IMG_0166.JPG
妻側の棟木の下にスズメバチの巣の残骸が・・・・
夏だったら、ヤバイことでしたが・・・
IMG_0167.JPG
IMG_0173.JPG
削られて低くなった山頂に来ました。
IMG_0169.JPG
IMG_0172.JPG
秩父の市街地が良く晴れていて俯瞰できます。
IMG_0170.JPG
赤城山の方向ですが・・
IMG_0171.JPG
休憩所のログハウスで早目の昼食をいただいて、休憩。
コバイケソウが芽吹いています。春です。
IMG_0174.JPG
IMG_0175.JPG
往復で3時間20分くらいの歩きです。
コロナで、出歩くな!の為に、運動不足で生活習慣病に襲われる老人としては、
案外にいい運動だったでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント