北ア・針ノ木岳周回(2)

針ノ木小屋は水を1L200円で売っていました。
水源は沢からの汲み上げ?
IMG_0526.JPG
蓮華岳から戻って、買っておいた生ぬるいビールを飲み終えた頃に
直ぐ傍にテントを張ったH氏とA氏の二人パーティが帰還し、
3人での宴会となりました。
寒いくらいのテン場、翌日の同行を約してお開き、就寝です。

翌朝、ガスっている中、雨も少々パラついて来てやや不安な天候の中を
出発。
針ノ木岳から赤沢岳を経由して種池山荘までは遠い道のり、歩ききる
自信はないのですが、まあ、何とかなるでしょう・・と。
IMG_0527.JPG
山頂ですがガスで何も見えません。
IMG_0528.JPG
山頂でのH氏(右)、A氏。ガスってる中なので些か不鮮明。
IMG_0529.JPG
お二人共に私よりずっと若く、健脚です。
スバリ岳までは何とかついて行けましたが、赤沢岳へ向かう途中で
マイペースでゆっくり行くこととして、先に行っていただきました。
IMG_0534.JPG
IMG_0535.JPG
IMG_0536.JPG
針ノ木小屋を振り返ることのできる場所に来ました。
IMG_0538.JPG
先は長いなあ・・・と赤沢岳方面見てウンザリです。
IMG_0540.JPG
黒部湖(黒四ダム)が見えて来ました。
ガスが晴れて来たようです。
IMG_0541.JPG
IMG_0542.JPG
IMG_0545.JPG
遠く先を行くお二人。
IMG_0543.JPG
IMG_0547.JPG
鳴沢岳山頂から針ノ木岳と赤沢岳を見る。
IMG_0548.JPG
左が蓮華岳、右が針ノ木岳、良くアンナ遠くから歩いてきたものだ。。。
と思うのでした。
IMG_0558.JPG
IMG_0559.JPG
IMG_0561.JPG
やっと種池小屋に着きました。
┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・しかし、未だ扇沢まで下りなきゃ・・・です。
IMG_0564.JPG
針ノ木岳は頭を隠しました。
IMG_0566.JPG
小屋前で、テン場にテントを張っているお二方とは袂を分かち、
下りる私ですが、テント張の完了を小屋前で待とうとしました。
しかし、人が多くて腰を下ろす場所も無いこととてそのまま下りました。
IMG_0567.JPG
IMG_0569.JPG
やっと扇沢の柏原新道登山口に着きました。
延べ11時間半・・・老骨によくぞ鞭打ったものだと我ながら・・です。
IMG_0570.JPG
帰路は大町温泉の薬師の湯に入ることが出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月31日 20:06
今晩は。
まずまずの天気で良かったですね。
種池山荘周辺はとってもクマが多い
会いませんでしたか?
うらやま
2019年09月01日 13:04
コメントを有難うございます。
BIGLOBE のブログは大幅に変わって以来、何となく書く意欲がそがれてしまったような感覚です。
 クマのお話し、蓮華岳では私が下りた後に子熊を連れた母熊が登山道を横切ったと聞きました。
また、2日目に鳴沢岳山頂付近で交差した男性が、近くで熊を見た、と言って居ました。
クマが濃い山のようですね。

>小天狗さん
>
>今晩は。
>まずまずの天気で良かったですね。
>種池山荘周辺はとってもクマが多い
>会いませんでしたか?