山、時々旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 新穂高ロープウェイ

<<   作成日時 : 2018/05/27 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

学生時代の友人と恒例の旅行を
新穂高温泉に宿泊の上、
ロープウェィで標高2154m展望台にしました。
画像

松本まであづさで行って、そこからバス乗車。
平湯温泉で濃飛バスに乗り換えて新穂高へ。
画像

長野から岐阜と県を跨いでいるからか
乗り継がないといけない為面倒です。
画像

私以外の友人は山をやりません。
従って、今回は山を眺めるだけの旅。

此処まで来て勿体ない気もしますが・・・
登るのはまたの機会にします。

数年前に此処へ下りて来た、
笠ヶ岳が見えます。
画像

そして反対側には焼岳。
画像

画像

お天気が良くて眺望が冴えます。
代金は往復2600円でした。
山頂?駅に着いて、外へ出て見ました。
画像

西穂山荘へ続く登山路にはマダマダ残雪が有ります。
画像

画像

画像

西穂へ向かうハイカーが展望台を出て歩いて行きます。

播龍上人のレリーフ鎮座です。
画像

駅舎に戻り、屋上展望台に出ると360度のパノラマ。
画像

笠ヶ岳を錫杖岳から順に追います。
画像

抜戸岳から弓折岳、その向こうの双六岳
まで見えました。
画像

画像

画像

槍が現れて来ます。
画像

西穂へと続きます。
画像

西穂のピークの左の切れ込みに
ジャンダルム(奥穂)が少し覗きます。
画像

宿泊した旅館の窓から槍が見えました。
中々眺望のいい部屋です。
画像

夕暮れの鑓の眺望。
画像

画像

帰路のバス停の前の橋の下に露天風呂が見えました。
画像

バス停から見た槍。
画像

平湯温泉のバス乗り継ぎ所からは
乗鞍岳も見えました。
画像


山に登らないで見るだけの旅行でした。
ワタシでも西穂までなら行くことは可能、
しかし、ジャンダルムを経て奥穂は多分、
無理でしょう。
30代に歩いておけば良かった・・・とやや後悔です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新穂高ロープウェイ 山、時々旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる