山、時々旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 山での保険、いろいろ

<<   作成日時 : 2018/04/16 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

遭難してしまえば、保険などは
金銭の問題に役立つだけですが。

これで命が救われるわけではないけれど、
捜索に関わった方達の費用補償として
使われます。

残された遺族に役立ちます。

掛け捨てです。

私の場合は掛け金が8千円少々(年間)。
捜索費用200万、対人補償1億。
(公益財団法人)日本山岳・スポーツクライミング協会の共済保険です。
アイゼンなど使わないハイキング等なら
もっと安くなるようです。
クライミングなどしませんしできませんが、
雪のある山は歩きますからそれは含まねばなりません。

対人補償が無ければかなり低くなり、
他の保険会社の保険なども5000円とか、
山行ごとに数百円などと言うのも有るようです。

埼玉県条例で、ヘリの捜索が入る遭難救助には5分5000円の費用が
徴収される事になったとか聞きます。

好き勝手に登っている身で世間に迷惑をかける
などと言うことは望むところでは有りませんから
仕方がないと思わざるを得ません。

以前、鹿島鑓から唐松岳への縦走途中の遭難事故で、
遭難者が費用がかかるからと無理をして下山途中に
へたって、警察ヘリが無料だと知った途端に救助を
依頼した・・・そんな現場を目にしたことが有りました。

明日は我が身と思えば自己責任として
保険は必要だろうと思い、
今年も入りました。

掛け捨てで終わることを念じながら・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山での保険、いろいろ 山、時々旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる